MENU

ペットアレルギーが増加しています!

近年のブームでペットを飼育する人が増えるにつれ、ペットアレルギーに悩む人が増加しています。
ペットアレルギーは、花粉症などで引き起こされる目のかゆみや鼻づまりに留まらず、気管支ぜんそくの原因などにもなり、過去には死亡者も発生しています。
一番良いのは、ペットを飼わないことですが、すでに飼育していると捨てるわけにもいきません。
ここでは、最近増加しているペットアレルギーや対策・解消法について解説しています。

 

 

元となる動物は?

やはり原因となるのは、屋内で飼育されることの多い動物です。
犬、猫、最近ではウサギやハムスターなどの齧歯類なども屋内で多く飼われており、アレルギーを引き起こす原因となっています。

 

中でも多いのが猫で、犬よりもアレルギーを起こしやすく、特にオスはメスの4倍もの原因物質(アレルゲン)を分泌します。
原因物質は皮脂腺、血清アルブミン、皮膚などに由来します。

 

 

ウワギ、ハムスターも原因となりますが、鼻づまりなどの症状は少なく、咳や喘息、噛みつかれることによるアナフィラキシーを引き起こします。
ハムスターに噛みつかれたことにより、アレルギーが元で男性が死亡するケースも過去には発生しています。

 

対策・解消法は?

まず犬・猫などのペットを飼わないこと、飼う場合でも室内では飼育しないことが、一番の対策となります。
ただマンション等に住んでいて、屋外に飼育スペースがない場合もあると思いますので、そういったケースではアレルギー性の強い動物を避けることをおススメします。

 

すでに犬・猫などのペットを飼育している場合は、原因物質が家中に散らばらないように場所を特定しましょう。
飼育場所は、カーペットは厳禁です。
原因物質が蓄積しないようにフリーリングにして、こまめに清掃を行います。

 

また、残念ながらペットアレルギー解消のための治療薬は存在せず、検査薬のみです。
治療用のエキスもないため免疫療法も行えませんので、現状では民間療法頼みです。
鼻づまり等が酷い人は、当サイトでも紹介しているお茶(えぞ式すーすー茶)なども有効でしょう。