MENU

鼻が詰まるメカニズム

私たちは日頃よく、鼻づまりになることがあります。
寒い国や寒いシーズンがある国では、悩みの種ともなっています。
では、そんな鼻づまりはどのような場合に発生するのでしょうか?

 

そもそも鼻が詰まる原因やメカニズムは、鼻腔や鼻の血管などが炎症を起こして、炎症を起こしているところに細菌の感染から守ろうとする鼻を常に最近から保護している鼻水が多く分泌を起こすことにより、発生してしまうと考えられています。
鼻づまりの発生原因は様々であり、日本で代表的なのが、風邪と花粉症が原因となって鼻が詰まるケースです。

 

寒いシーズンでもないのに、日本では春にスギの木から散布される花粉により、花粉症を起こしてしまう場合が多いです。
この花粉症では個人差がありますが、風邪よりも酷い鼻づまりを起こしてしまう原因にもなっています。
症状自体にも強弱があり、完全に鼻閉を起こしてしまって鼻から滴り落ちる鼻水も飲み込めない場合もあります。

 

また、鼻づまりが原因となって日常生活に支障が出てしまうことは、不眠を誘発することもあります。
人間は就寝の際、鼻から呼吸をしていることが多いです。
ところが、鼻づまりによって口から呼吸を行う必要性が出てきますので、仰向けに寝てしまうと舌が喉を塞いで呼吸をすることができなくなるため、上手く寝ることができなくなります。
原因やメカニズムを理解して、十分注意していきたいものですね。

 

アレルギー性鼻炎(鼻づまり)の原因

アレルギーの原因になる物質「抗原」は様々ですが、アレルギー反応が起きる仕組みは基本的に一同じです。
下の図は、もっとも有名な抗原であるスギ花粉をもとにした、アレルギー反応図です。

 

 

 

鼻腔内にスギ花粉(抗原)が鼻粘膜に浸透すると、体内への異物侵入をキャッチした免疫細胞によりリンパ球で「抗体」がつくられます。
この抗体とスギ花粉が反応することで、「ヒスタミン」「ロイコトリエン」といったアレルギー症状を引き起こす物質が放出され、それが原因となって鼻水や鼻づまりを引き起こすのです。

 

 

 

免疫機能は、体内に侵入した異物を排除するための大切なメカニズムです。
それが過剰に働く(免疫の過剰反応)ことで、辛い鼻づまりに苦しむことになるわけです。

 

今回はスギ花粉を例にしましたが、原因物質がヒノキ・イネなどの花粉やダニ・ハウスダストといったものでも、アレルギー反応のメカニズムは同じです。
いわゆる疾病とは異なり、本来は身体を健康に保つための機能であるため、自然治癒は殆ど望めないのです。

 

一般に知られている治療法は、その殆どが鼻水や鼻づまりを抑えるだけの対処療法ですが、中にはメカニズムを遮断する解消法や、根本的な体質改善に繋がるものも紹介していきますので、参考にして下さいね。

 

 

アレルギー性の鼻づまりの解消なら、ヒスタミン放出を抑制してくれるお茶が効果的です!
当サイトでは、えぞ式すーすー茶をおススメしています!
CMをやっていないので聞いた事が無いかもしれませんが、隠れたヒット商品で、当サイト経由でも毎日売れています!

 

鼻づまり解消